雑記

【ウイルス撃退!】我が家のコロナ対策

我が家の旦那様は医療従事者で、コロナ患者も受け入れている大学病院に勤めています。(パンダママは休業中)

いつ感染してもおかしくない…いつウイルスを持ち帰ってきてもおかしくない…

そう思って毎日暮らしています。

パンダママ

正直、在宅ワークできる職種が羨ましい…

いくら自分が外出自粛や感染予防を徹底していても旦那が持ち込んでしまったらそこまでですもんね。

しかし、うだうだ言っていてもしょうがない!旦那は危険な医療現場で家族のために頑張ってくれている!!

そこで我が家は旦那の帰宅時にできる限りの感染対策をしています。

帰宅時以外の対策や旦那が感染疑いになった時の為の準備も含めてご紹介します。

帰宅時の対策

大前提として、仕事から帰ってくる旦那はウイルスが付着しているとして扱っています。

意味がない対策もあるかもしれませんが、そこは気持ちの問題ということでご了承ください。

風の流れを調節

旦那が帰宅する連絡が来たら、玄関の反対側の窓を全開にしておきます。

玄関が開いたら風の流れを家族がいるリビングから玄関側に流れるように調節する為です。

意味があるのかは不確かですが、玄関の風が生活エリアに流れてくるのが嫌でこうしています。

もちろん、帰宅時以外もこまめに換気は心がけています。

荷物も服も玄関で脱ぎ捨てる

この騒動で我が家は玄関にウイルスが着く前提のカゴやポールスタンドを特設しました。

旦那が帰って来たら、上着やカバンは絶対に中には持ち込まず、玄関に置いておいてもらっています。

パンダママ

どこにウイルスが付着してるかわからないからね…

そして着ている服も玄関で脱ぎ捨ててもらいます。

洗える服はどこにも触れないように持って来てもらい、洗濯機の中に直行。

洗剤の界面活性剤はコロナウイルスに有効とのことなので普通に洗濯しています。

旦那はどこにも触れずにお風呂に直行

玄関で裸んぼになった旦那はとりあえず一度洗面所で手を洗ってもらい、お風呂に直行です。

その際、駆け寄りたがる子供はもちろん、ドアノブや扉などてはどこにも触れないように注意してもらいます。

パンダママ

裸体でオペ前のお医者さんポーズ のまま歩いてもらいます。扉を開けるのはパンダママの仕事です。

もちろんメガネも一緒に洗ってもらいます。

お風呂で全身綺麗に洗ってもらったら、やっと子供たちと触れ合えます。

病院で使用したものを除菌

厳密にいうと除ウイルスです。病院で手にしたものは体や服同様にウイルスが付着している可能性がある為、家に持ち込むものは念のために全て除菌します。

我が家は次亜塩素酸ナトリウムを使用

アルコールもあるのですが、なかなか手に入らないアルコールは手指消毒や子供のものなどに使いたいので、

広範囲の場所やものは「ビューラックス」を薄めたもので拭いています。

パンダママ

マスク・手袋着用!換気は絶対!!

これをキッチンペーパーに染み込ませて、携帯、タブレット、タッチペン、パソコン…主に旦那愛用のデバイスを拭きまくります。

原点回帰?!夫が行き着いたタブレットの斜め上な使い方とんでもなくおっちょこちょいで忘れっぱいパンダママの夫が行き着いた最新デバイスの使い方とは?...

イアホンや充電器も忘れずに…

全て拭いたらついでに旦那が手を洗った水道のレバーや玄関のノブなども拭いて終了です!

パンダママ

ここまでやって、やっと一安心…

その他の感染対策は以下の通りです。

通勤中の感染を避ける!

うちの旦那様、普段は自転車で20分かけて通勤しております。

しかし、雨の日はそうもいかないので普段は電車で通勤です。

パンダママ

電車怖い!!乗って欲しくない!!

ということで、コロナの期間限定でチャリ通が厳しい日は車で通勤してもらっています。

駐車場は借りていないので近くにコインパーキングです。

一日停めるとまあまあの値段になりますが、命には変えられません!

院内のコンビニには行かないでもらう

少しでも感染リスクを下げてもらうために、院内のコンビニには行かないでもらっています。

コンビニって狭いから「密っ!」になりやすい気もするし、お金のやり取りもリスクがありますよね。

なので、頑張ってお弁当を作ってお昼は絶対持参してもらっています。

パンダママ

と言っても、おにぎりと即席味噌汁の日が多いのですが…お恥ずかしい…

とにかく手洗いを促す

旦那を信用していないわけではないのですが、なんせおっちょこちょいな人なので、うっかり!がとにかく怖いのです。

なのでウザがられるのを覚悟で毎日毎日

パンダママ

仕事中もこまめに手洗ってね!!

パンダママ

絶対!手洗う前に顔触らないでね!!

パンダママ

マスク、顎にかけないでね!!


パンダママ

エレベーターのボタンも気をつけてね!!

などなどしつこく言い聞かせています。なんなら仕事中もLINEで送っています。

うざいですよね〜!実際何回も旦那に「しつこい!」とキレられています。

しかし、感染するよりマシなのでしつこく言い続けます。

万が一に備えて…

どんなに気をつけていても、悲しいことに感染してしまう可能性はゼロではありません。

その時に備えて我が家がしている準備はこんな感じです

コロナ部屋を用意

我が家は玄関に一番近い一部屋を万が一感染したら隔離する部屋を準備しています。

キッチンからはベランダで繋がっているので窓越しで食事などの受け渡しが可能です。

紙皿や割り箸の準備

他の家族への感染予防のために食事は使い捨ての食器を使って、そのまま破棄できる準備をしています。

少しでも感染リスクを下げたい!

ある程度の食料を備蓄

家族が感染してしまったら、外に買い出しに行くこともできなくなってしまうので、ある程度の日数は買い物行かなくても大丈夫なように食料の備蓄をしています。

お米や乾麺、日持ちする冷凍品や缶詰なども多めに準備しています。

神経質になってます

こんな感じでパンダママ、ちょっと自分でも大丈夫か?って程神経質になっております。

それもこれも得体の知れないコロナのせい…

4月に入園予定だった娘は入園式はもちろん、一度も幼稚園に通えていません。

パンダママの仕事復帰も色々考えて迷惑承知で先延ばしにしてもらいました。

パンダママ

コロナめ〜!!滅っ!!!

先の見えない自粛生活と感染の恐怖でついつい誰かを責めたくなりますが「憎むべきはウイルス」精神を忘れずに、できる限りのことをやっていこうと思います。