仕事

臨床検査技師ってどんな職業?

知名度低すぎ「臨床検査技師」

パンダママは臨床検査技師として病院で仕事をしています。

病院に勤めてますと言うと、まず聞かれるのが

ママ友

看護師さん?

仕事中に患者さんに呼ばれる時も

患者さん

看護師さーん!

決まって看護師さんです。臨床検査技師と説明しても「?」という反応がほとんどなので、否定しないことも多々あります。

そもそも病院の職員で白衣やユニホームを着ている人は男性→医者 女性→看護師と思い込んでる方多い気が…

皆さんは臨床検査技師と言う職業をご存知ですか?少しでも知って頂きたく、現役臨床検査技師が包み隠さずご紹介します。

臨床検査技師ってどんな仕事?

簡単には病院などの医療機関で検査を専門とした仕事をします。

「検査」と一言で言っても病院での検査は多種多様です。

大きく分けると2つ

検体検査生理機能検査に分けられます。

検体検査とは人の体から出るあらゆる検体(血液・尿・便・喀痰・髄液・精液・組織や細胞など)の検査をします。

検体検査の細かい分類としては

  • 一般検査(尿検査、糞便検査、喀痰検査、髄液検査など)
  • 血液検査(貧血や炎症の検査など) 
  • 病理・細胞診学検査(がん細胞の検査など)
  • 輸血・臓器移植関連検査(血液型や輸血前の検査、血液製剤の管理など) 
  • 生化学検査(腎臓や肝臓など、臓器の検査)
  • 免疫・血清学的検査(感染や免疫異常検査など)
  • 微生物学検査(感染の原因となる菌の同定など)
  • 遺伝子検査(病原体遺伝子検査、ヒト遺伝子検査)

今、新型コロナウイルス肺炎で話題のPCR検査はこの遺伝子検査です。専門機関が行なっていることが多く、多くの病院は委託しています。

一方、生理機能検査は直接患者さんに接して行う検査です。

  • 心電図検査
  • 超音波検査
  • 呼吸機能検査
  • 脳波検査
  • 神経機能検査
  • 聴力検査 などなど…

大まかにはこんな感じで様々な検査を行なっているのです。

小さなクリニックなどではこれらの検査を医師や看護師が行うことも多いのですが、大きめの病院などでは検査専門のプロである臨床検査技師が行なっています。

院内での検査業務だけでなく、学会や研究会、勉強会などで自分が経験、研究した内容の発表や情報交換をする機会もあります。

そして、検査の一環とて採血もします!

意外と注射と混同してしまいますが、検査技師の資格では採血(検査のために血を抜く)の針はさせても、点滴(薬を入れる治療)の針は刺せませんません。あくまで検査の専門なのでね。

向いている人はどんな人?やりがいは?

正直なところ、向き不向きはあると思います。

検体検査はひたすら患者さんの検体に向き合うので、打ち込む系が好きな人、責任感がある方が向いていると思います。

患者さんの顔は直接見えませんが、自分の出す検査結果次第で、治療方はもちろん、退院や手術の有無、輸血検査なんかは直接命に関わるので責任も重いです。

パンダママ

パンダママも輸血検査をしていた時は精神が擦り切れました〜。
生死が関わっている時は正確さはもちろん、スピードも重要だからね。

逆に生理機能検査はある程度、人と関わるのが好きでないと難しいかと思います。

患者さんの状態や訴えを聞きながら検査を進めないと得られる情報も少ないし、多かれ少なかれ患者さんに負担を与える検査なので、いかにリラックスして負担なく受けてもらうかも重要になります。

また聴力検査や呼吸機能検査は患者さんの協力がないとできません。

患者さんのやる気をださせ、正確な検査結果をだすも検体検査の力量次第です。

パンダママ

子供からお年寄り。協力してくれる人からしてくれない、できない人までいろんな人が来るからね。

このように多種多様な業務があり、専門性が高いので、人体に興味がある様々な知識を突き詰めたい人のためになる仕事がしたい。と言う方が向いていると思います。

大変なことばかり書いてしまいましたが、その分正確な検査結果を出すことで、診断や治療の大きな力となる分やりがいも大きいです。

検査結果が日に日に良くなるのを見守るのも嬉しいものです。

逆に医師が気づかなかった小さな疾患や緊急の検査結果を見つけて報告することで医師に感謝される事も多いです。

生理機能検査では患者さんに直接感謝してもらえる事も多いですし、いろんな人と接するのはとても楽しいです。

資格取得までの道は?職場は病院のみ?

臨床検査技師は医師や看護師と同様に国家資格です。

大学や専門学校で座学はもちろん実験や病院実習を積み、最終的に国家試験を受けます。

合格率は75%ぐらい。

合格率、結構高く感じますが学校では国家試験の前にそれに準じた卒業試験と言うものがあります。

この試験をパスしないと国家試験は受けられません。留年です。

国家試験の合格率で学校の評価が変わるので、そう簡単には国家試験は受けさせてもらえません。

どの国家資格もそうだと思うのですが、暗記する事、理解する事がかなり多く、はっきり言って勉強は大変です。

人の命に関わる仕事なのですから当然ですね。

パンダママ

パンダママは頭がいいわけではないので苦労しました〜

在学中も普通に毎日午前中から夕方まで授業がありますし、病院実習中は体力的にもかなりツラいです。

大学では遊びたい!バイトに打ち込みたい!と思ってる人は要注意です。

パンダママはそのタイプでした。一人暮らしを始めたので他学部の友達とつるみ、結構遊んでしまいました。

その代わり、テスト前は死ぬ気で勉強してました。高校の試験や大学受験より必死でした。

パンダママ

莫大な学費や下宿代を出してもらったから、留年は絶対できないと必死だったな〜

就職先は病院やクリニックはもちろん、検査センターと言う検体検査を専門的にやる施設や健康診断を専門で行う検診センターなんかも多いです。

また、治験関係の仕事に就く人もいます。治験とは新しい薬の開発の臨床試験です。具体的な職業名としては臨床開発モニター(CRA)や治験コーディネーター(CRC)などがあります。

医療機器のメーカーに就職する人もいます。

あとは大学院に残り博士号を取り、研究職や大学の教員になる道もあります。

かなりの努力と運がないと高給取りは難しいかもですが、食いっぱぐれはないと思います。

コメディカルの世界

医師の指示の元に専門的な仕事をす医療従事者コメディカルと言います。

臨床検査技師もそのひとつです。

他にはご存知、看護師、助産師、保健師
薬の専門家、薬剤師
リハビリのプロ、理学療法士、作業療法士
画像診断検査や放射線治療を行う、診療放射線技師
眼科医の右腕、視能訓練士
言葉や嚥下などお口周りのプロ、言語聴覚士。などなど…

病院ではそれぞれがプライドをもって仕事をしています。

そして、患者さんを中心に医者やコメディカル横のつながりを持ち連携し、治療やケアにあたるチーム医療の取り組みも盛んです。

医療関係のお仕事を目指す方。病院に行く機会が多い方、一度コメディカルの世界も気にかけて頂けたら嬉しいです。