子育て

よだれが多い息子とよだれの失敗話

以前の記事で肝臓が強くて、頭がでかくて、食欲がすごいと紹介した息子くん。

産まれてすぐ看護師さんを驚かせた息子第二子である息子くんが産まれてすぐ看護師さんを驚かせた驚きの検査結果とは?...

実は食欲もすごいのですが、それと共にもう一つすごいことが…それは

よだれの量

上の娘の時も多少はあったものの1歳になる頃にはもうスタイも必要なかったのですが

息子くん…1歳3ヶ月の今も絶賛ダラダラ中でございます。

パンダママ

食べる量と関係あるのかな〜

そんな息子のよだれの話です。

おまけにこぼれ話(よだれだけに!)でパンダママのよだれ失敗談もあります…

スタイが足りない!

よだれの量が多い息子くん。スタイの消費が半端無いです。

まだ、おもちゃなどを咥えて遊んだりもするのですが

何かを咥えてる時や何かに集中してる時は特にすごい!ダラダラ〜だらだら〜!!

パンダママ

犬かよっ!

本当にすごいです。

それ以外も常に一定量垂れてます。

逆によだれがたれてないのはご飯を食べてる時と寝てる時ぐらい。

あ、寝てる時もたまに垂れてるわ…

というか、たまに自分のよだれでゲホゲホ溺れてるわ…

そんな彼なので普通のかわいらしーいスタイではものの10分とかで裏側に染みてしまいます。

夏場はまだいいのですが、寒い冬場は襟元がすぐ濡れてしまいかわいそう。

そこで「吸水性バツグン!裏側はナイロンだから染みない」

「よだれに悩んでいましたが本当に1日1枚で済みました!」

…とうたうスタイを買ってみました!

たくさん使うと黄ばんできたりするので色は濃い色がオススメ!!

パンダママ

確かに染みない!これはいい!

と思いましたが、それでも1日4.5枚取り替えないと染み込んだよだれでずっしり。

染み込みきれずに溢れてきたよだれがキラキラしている…

商品は素晴らしいです!スタイを取り替える回数が激少したし、本当になかなか染みない!

ただ、息子のよだれの量はその上を言ってしまった…

パンダママ

おいおい。逆にどうやったらそんなによだれ出せるんだ?!

と、我が子ながらちょっと引き気味で完全にお手上げ状態です。

いっそのことお食事用のエプロンを使う?!オムツ巻いちゃう?!なんて思い始めています。

これはいつまで続くのでしょうか。こんなによだれがすごい子、他にもいるのでしょうか…

彼のよだれの行方に乞うご期待です。

よだれのこぼれ話

そんなよだれ息子の母親であるパンダママもよだれ多めです。

以前、よだれが原因の恥ずかしーい失態をした事があります。

もう、思い出しただけでも隠れたくなるほどですが、勇気を出して告白します!

よだれが垂れた話なので苦手な方、食事中の方は先に進まないでください

それはピカピカの新卒で病院に就職して半年ほど経った頃。

その頃は、検体検査の中でも生化学検査を中心に仕事を覚えていました。

生化学検査は血液を機械にかけて成分を分析する検査です。

よって機械の操作やメンテナンスの仕方なんかも覚えなくてはなりません。

その日のお昼過ぎ、お腹もいっぱいで何なら少し眠い状態のパンダママは上司(40代後半の男性)に機械のモニターを前に分からない操作の仕方を教わっていました。

小さいモニターだったので二人の距離も中々近かったのです。

そしておそらく難しい操作にポカーンと口を開けていたのでしょう。

なんと、無意識に口から垂れてしまったよだれがたまたま下に置いてあった上司の手の上にたらーりしてしまったのです。

パンダママ

は…恥ずかしいー!!
そして申し訳なさすぎるー!!!

よだれを上司に垂らしてしてしまった経験のある方なんかいますか?!いませんよね!!

あー恥ずかしい。当時も恥ずかしさと申し訳なさで穴があったら飛び込みたい気分でした。

もちろん、すぐさまものずこい勢いで謝りました。

そして、その上司の対応が神なのです!

こんな汚ったない事をされたのに

神上司

○○ちゃん(パンダママの名前)のよだれなら全然平気だよ〜

と笑顔で返してくれたのですー!

もちろん、手は速攻で拭いてらっしゃいましたが…

あー垂れたのが優しい上司の手の上でよかった(そう言う問題じゃない)

あの時は若かったから良かったけど、今だったら本当に気持ち悪いだろうな(そう言う問題でもない)

パンダママも、今後仕事中に後輩や部下が自分によだれを垂らしてしまったらこう対応しようと心に決めた出来事でした。

パンダママ

絶対そんな状況ない

汚いエピソードで失礼しました。

何はともあれ…

よだれがすごくて一日に使うスタイの枚数が半端ない息子くん。

よく食べ、よく飲み、よく遊んび、よく寝てくれるので微笑ましい限りです。

スタイをつけてる姿も「赤ちゃん」って感じで可愛いですしね。

そんな息子くんも、春から保育園に通うことになりました。

パンダママも家族のために仕事頑張るから、息子も慣れるまで頑張ってもらわなくてはです。

そして、少し少なくなる親子の時間を今まで以上に大切にしなくてはと感じております。

娘の時もそうだったけど、心配だな…

そしてちょっと心が痛むな…

楽しい保育園生活を送ってくれることを願うばかりです。